便利に

プラスチック容器を利用する機会が多くなっている現在では、その種類も増えているのです。基本的なプラスチック容器は石油をメインに利用しているのですが、その他にも特殊な素材が使われる場合もあります。

詳細を確認する

カーボグラスについて

カーボグラスの使用用途が多いだけでなく加工されることがあります。しかし弱点を持っていることから色々と改善をしていかなければならないと考えさせられるので、覚えておきましょう。

詳細を確認する

身近なものに使ってる

ポリカーボネートは、あまり聞いたことがないという人もいるでしょう。ですが、知らないけども実はとても身近なところで使われている素材になります。ですから、どんな素材なのかを説明します。

詳細を確認する

身近にある

プラスチックの成形から塗装まで一括で対応してくれるので、管理が楽ですよ!価格を抑えたい方にもおすすめです。

身近なアクリル板のこれから

アクリルは、アクリル板もしくはアクリルガラスとして、身近な素材の1つです。アクリル板は、有機ガラスと呼ばれ、その耐衝撃性と透明性から、ガラスの代用品として利用され、照明器具のカバーや日用品、水槽の素材としてとしても知られ、水族館で利用されています。また、ホームセンターなどの素材店でも、アクリル板として、普通に売られています。 アクリルは歴史があり、第二次世界大戦では、飛行機の風防として使われ、今でも戦闘機の窓として強化アクリル板が使用されています。 このように、身近に我々の生活に溶け込んでいるアクリル板ですが、最近は同じ有機ガラスであるポリカーホネードに押されています。これは、ポリカーホネードの方が、耐衝撃性と耐熱性があるためと、アクリルと同じ透明性があるため、建築現場では、ポリカーホネードの方が、利用頻度が増えているためです。

身近だからこそ大切に使おう

建築現場では、ポリカーホネードに押されているアクリル板ですが、一般の我々が利用する点においては、むしろその利用されていると言ってもよいです。 これは、アクリル板自体がガラスよりも軽く、80度から100度で変化していく素材のため、自作で日用品や工芸品などを作る人には、利用しやすい素材のためです。 ですが、その利用には注意する点もあります。科学物質で生み出したプラスチック素材であるため、カットなどの加工も容易ですが、その手軽さのため、扱いには注意が必要です。 利用の際には、専用のアクリルカッターを使い、固定してからカットします。これはその軽さからです。また接着の際には、アクリル専用の接着剤を使い、喚起を十分におこなって利用します。乾燥も忘れずに、きちんと固まるまで動かさないようにするのが鉄則です。特に水槽を作る場合には、これを怠ると水漏れをおこすためです。 注意して取り扱えば、大切な品になります。手軽に使える素材となるのです。